た~じぃのDIY

2011年10月にYahooブログより引っ越してきました


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークオイル交換

Category: 車バイク フォーサイト   Tags: ---
前回に引き続きバイクネタです。

暖かくなって乗り始めましたので整備も始めています。




言葉だけですと分かり難いので分解図を載せておきます。

今回弄る所はこの図で言うと一番右の方でスプリングより上の部分です。














それでいきなり外れてますがフォークを上の方から見た物です。

一番上の黒い樹脂がフォークチューブキャップです。これは手で簡単に外れます。

問題はこの中にある物でして・・・















こちらはキャップを外した所です。

中央のスプリングシートを外す為には隙間に見えるストッパリングを外さないと

なりませんが、このリングを外す為にはシートの方を若干中の方に押し込む必要が

あります。サービスマニュアルの指定ではプレスを使って押し込む事になっていますが

私はプレスを持っていませんので別な方法でやってみました。















こちらが今回試した方法です。見る人が見れば分かるんでしょうけどベアリングプーラーを

使っています。フォーサイトのフォークのインナーチューブには上部に括れがあります。

今回どうしようかと色々考えたところ、この括れを利用してプーラーを引っ掛ければ

うまくいくのではないかなと考えて試してみました。結果はというと全く問題なく安全に

分解組立てする事が出来ました。












という事でばらした物がこちらになります。この後、当然ですがインナーチューブ内のオイルを

完全に抜いてから新しいオイルを補充します。















オイルについては本来は粘度の関係から純正を使うのが好ましいようですが、ホンダは現在

組織改正とかやっているらしくホンダのフォークオイルの入荷が連休明けになってしまうかもと

言うことで、仕方が無いので今回はカヤバの物を使用しています。まあ使った感想はというと

大した違いは無いと言うか分からないと言ったところです。












あと、こちらはフォークオイルのレベル合わせの道具です。インナーチューブを一杯に縮めた

状態で上から何ミリと指定が有りますので、オイルを入れて安定したらレベルを合わせますが

スケールで計るのもいいですが専用のツールも安いので使ってみました。写真では上の方が

写っていませんが、管の上の方にシリンジが付いていてオイルを吸い上げることが出来ます。

当然、チューブの中に入る管は予めその長さを設定しておくので、シリンジでオイルを吸い

上げた後は指定の油面高になるという訳です。







という事で早速復元して乗ってみましたが、他メーカーのオイルでも今の所は問題は無い

ようです。今回16,800Kmで多分初めての交換なんだと思いますが、廃油の色等から判断

すると、最低でも10,000Km、出来れば5000Km程度で交換した方がいいかなと思いました。

という事で次回は22,000Km程度で交換してみようかと思います。
関連記事

テーマ : 整備    ジャンル : 車・バイク


Comments

Leave a Comment

現在の時刻
カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -
最新トラックバック
楽天
 
プロフィール

た~じぃ

主:た~じぃ
ただ今、甲州に生息中

 
 
カテゴリー
 
 
検索フォーム
 
 
リンク
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
カウンター

現在の閲覧者数:
 
 
お天気BOX
 
 
タイドグラフ
 
 
釣りTV
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。